活動日誌ジムカーナダートトライアルラリードリフトカート長路整備MOVIE更新日記当サイトについてオフィシャル活動 TOP
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.22 Sat
http://nuac.blog76.fc2.com/blog-entry-14.html
↑関ブロ1日目ジムカーナはこちら


関東甲信越学生自動車連盟競技会2日目は、
長野の野沢モーターランドで行われるダートトライアル競技でした。
うちの部からは、ナンバー無し競技車両を2台持ち込みました。




競技車両その1:部車EP82スターレット



前日に突貫工事で長岡技大から譲り受けたアンダーガードを装着。
さらに内装を(適当に)ストリップダウン。そして適当な整備。
18万km走って1年間冬眠させたこの車の戦闘力は正直未知数でした…
cfdb[1].jpg

外装はガムテチューンと仮免許練習中ナンバーでバッチリです。

この車で出場したのは
No1 4回生 K藤
No4 2回生(4年生)K林
No10 1回生(3年生)Y岸
No7 3回生(4年生)S塚

の4人


もう一台
パジェロio改 NASC全日本ダート耐久車両fbdd[1].jpg

野沢にてNASC主催の全日本ダート耐久用に、OBと一部の部員、外部の方で構成されたチームが作り上げた車両です。
極限まで軽量化されて、窓ガラスもありません。いわゆるバギーのようなD車両です。

この車両で挑戦するのは、
共に5回生の
I月さん T中さんペアです。


さらに今回、去年卒業されたOB Yさんも来てくださいました。




今回の試走は、前日に続きあの2005年PWRCチャンピオンの新井敏弘選手と、
全日本ダートトライアルDクラス活躍中の宮入選手が試走を行いました。
非常に豪華です。


新井選手の車の前で
7f68[1].jpg

同様に宮入選手の車の前で。記念ですから…


さて、競技開始です。(主にスターレット視点です)

スターレット組はヴィッツラリー経験者のY岸君以外はほぼダート初心者なのですが、完熟走行で手ごたえをつかんだ感じ。部車も十分戦闘力がありそうです。


1本目


第一走者 K籐(HP管理人です)


溝に落としました


結果↓


左足のキャンバーがポジキャン方向、トーアウト方向に大きく曲がりました。

ハンドル直進で滑らかにケツが右にふりだします。ナチュラルに左ドリフトします。



まあ、つまり






b9e8[1].jpg


落とした人です。顔は引きつり笑いですが、心は鬱でした。
第一走者でしたから…



で、昼休み

皆で直そうと努力します。スターレットはトレーリングツイストビーム式なのでアライメント調整ができません。(だよね?)

直し方は
2492[1].jpg


ホイールに積車のウィンチをくくりつけて豪快に引っ張りだします

b8b4[2].jpg

直らない

a603[1].jpg

直らないよ~ と遊ぶ人1名


結局直らず、かなり酷い(というか危険)状態でしたが、2本目果敢に攻めた人もいました
71ab[1].jpg

(この写真を見ても後ろのタイヤが変な方向向いているのがわかります)

f906[2].jpg

パジェロもバリバリの競技車両とはいえ、1.8NAエンジン+重めの車重ではターボ車両には太刀打ちできずさすがに苦戦の模様


そして結果は




s塚がクラスⅡ3位表彰台、Y岸君が4位入賞でした。

K林君は9位、K藤は10位

また、クラスⅢではI月さんが5位、T中さんが7位という結果でした。

さらにOBなので章典外ですが、Y田さんはCJ4AでクラスⅡトップ、全体でもトップタイムでした。




そしてこれらのポイント結果より、ダートラでは学校対抗の部で2位となりました。
しかしながら、前日のジムカーナでの大量リードより総合優勝することができました!


大会の締めくくりは恒例の水ぶっかけそして土砂降りのずぶぬれ表彰式でしたが、写真がとれていませんでした…残念。




この大会の正式結果は長岡技術科学大学自動車部さんのHPに掲載されています。
http://nutac.web.fc2.com/

今大会の主催の技大の皆様、本当にお疲れ様でした。

報告k藤  写真:k藤 h部 thanks!
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。