FC2ブログ
活動日誌ジムカーナダートトライアルラリードリフトカート長路整備MOVIE更新日記当サイトについてオフィシャル活動耐久 TOP
2019.12.09 Mon
2日目。
2日目の目標は広島観光を思う存分楽しみ、愛媛の宿に無事時間通りチェックインすることでした。
まずは厳島神社や!と意気揚々にホテルを出発しました。
しかし、車を少し走らせて気づきます。

「原爆ドームこれじゃね?」

そう、僕たちはホテルを出で少し離れた宮島を観光した後原爆ドームを観光する予定でした。
しかし、原爆ドームはすぐそこです。ホテルから歩いて行けます。

ここで書いていて思い出したますのですが、観光客で混む前に早朝宮島を観光してしまおうという手はずでした。よって何も問題ありませんでした。すみません。

広島市から一時間ちょっと車を走らせてフェリー乗り場に着きました。
宮島口から宮島までのフェリーは2種類あります。宮島松大汽船とJR西日本宮島フェリーの2種類です。料金と時間に差はあまりないので時間が合う方で大丈夫です。乗り場は違うので注意して下さい。

DSC03247.jpg

行きはワクワクしてフェリーの甲板で景色を見ながらはしゃいでいました。瀬戸内の気候は大変穏やかで、とても心地のいい風が吹いていました。
この時、あの有名な厳島神社の海に浮かぶ鳥居が見れるのではないかと探しましたが、見当たりませんでした。
10分ほどで到着します。フェリーを降りると鹿たちが歓迎してくれました。かわいいです。
DSC03334.jpg

古い町並みを残した商店街を抜けて、海辺を少し歩いていくと厳島神社が見えてきます。まだ鳥居は見つかりません。

そして、見つからぬまま厳島神社についてしまいました。
厳島神社自体も海に飛び出ており、水の都ヴェネツィアを彷彿させるような美しさです。DSC03309.jpg


DSC03297.jpg

また、厳島神社は満潮と干潮で水位が大きく変化するため、長時間いればその様子を見ることができます。新大自動車部お得意の長時間滞在スキル発動で水位の変化を楽しめました。(写真はありませんm(__)m)
一通り見て回って楽しみ、帰りに宮島名物もみじ饅頭をお土産に買って宮島をあとにしました。

DSC03362.jpg

お土産でなくともその場で食べるできたてのもみじ饅頭はほくほくでおいしいので、宮島に来たら食べておきたい一品です。

ところで、厳島神社の沖に何か建物が改修工事されていたのですが、あれはなんだったのでしょうか・・?

DSC03288.jpg

今回は時間的に回ることはできませんでしたが、宮島はまだロープウェイなど見るところがたくさんあるので、もう一度来たいですね!鳥居も今度はしっかり見てみたいです。

そしてそして、宮島の次に向かったのが先ほどの通り、原爆ドーム、平和記念公園です!
ここは駐車場を探すのに一苦労しました・・・。
市営の駐車場は数が少なく、料金の高い駐車場が多いので要注意です。
運よく3台とも近くの駐車場に止めることができたので平和記念公園で合流です。

DSC03366.jpg

テレビでよく見るやつだ、正直最初はそんな感じでした。ここからでは原爆ドームをみることはできません。もう少し奥に歩いて行ったところにあります。
まずは平和記念資料館です。ここでよく原爆について知ってから原爆ドームを見に行くのがいいと思います。薄々分かっていましたが、展示の数はとても多く大和ミュージアム同様部員たちはすべての展示品を見て回り、その説明を読んでいました。ありえないほど時間がかかりましたが、部員たちは多くを学ぶことができたと思います。正直ぼくも想像以上にショックを受け、また、悔しさや反省を覚えました。当時の悲惨な状況が痛いほど伝わってきます。これは実際行って見てみないとわからないと思います。ぜひ一度足を運び、当時の人々の思いを感じ取ってほしいです。

そうしたうえで原爆ドームを見に行きました。

DSC03396.jpg

資料館を拝観し、当時落とされた原爆がどれだけ恐ろしいものかわかっていたので、改めて見ると言葉を失います。原爆ドームの前ではボランティアでガイドしている方がいて、そこでもお話が聞けます。

原爆ドームから繁華街は近く、今朝いたホテルがあります。その近くでおいしそうな牡蠣のお店があったのでそこで昼食をとることにしました。本通りにある豊丸水産というお店です。

DSC03418.jpg

残念ながら牡蠣のシーズンは外れており、港で新鮮な牡蠣を食べることはできませんでしたが、美味しかったです。全員ドライバーなため、お酒をつまむことができなかったのも心残りです。
一人3000円くらいでした。

牡蠣をたらふく食べたらいよいよ四国に向かいます。
しまなみ海道を通り愛媛の道後温泉を目指します。

広島編が長くなってしまったので四国編は次回書きます。
お楽しみに。



スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nuac.blog76.fc2.com/tb.php/228-83aebc06
Template by まるぼろらいと