活動日誌ジムカーナダートトライアルラリードリフトカート長路整備MOVIE更新日記当サイトについてオフィシャル活動 TOP
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.22 Wed
こんばんは、4回生の小島です。


本日院試が無事(?)終わって時間に余裕が出来たので、
先月のことについて少し書かせて頂きます。


部員の皆さんは知ってるかと思いますが、先月事故りました(笑)


朝、いつものように家から大学に向かって広域農道を走っていて、
田んぼのど真ん中の見通しの良い、信号のない十字路の交差点に差し掛かったときのこと。



向かって左の側道を一台のクルマが同じ交差点に向かって走行してました。


相手側はセンターラインもない細めの農道で交差点内では一時停止、
こちら側は交差点内に停止線もない優先道路。

明らかにそのクルマは減速してたし、そのまま停止するんだろうと思って、
俺はいつものようにその交差点を通過しようとしました。



…が、それが間違いでした。



そのクルマは停止する直前の速度まで減速したにもかかわらず、
あろうことかそのまま停止せずにス~ッと滑るように交差点内に侵入してきました。


「え…ウソだろ?」と思って、相手のクルマのドライバーの顔を見たら…


こっち見てない!!

明らかに左から来るクルマ(つまり俺の対向車)に気を取られてる…


ヤバい!と思ってブレーキ踏み付けるも、
こっちは制限速度の標識のない広域農道を走っていて60㌔出ていたので間に合うはずもなく…

右に膨らんで避けたいが対向車が来てる…避けられない!


…といった感じのことが瞬間的に頭を巡り(笑)

それでも対向車と正面衝突しないギリギリの位置まで右に寄せて交差点内に侵入…



ガリゴリガリッ!!

…と鈍い音が(;´Д`)


セフィーロの左側面と相手のクルマのフロントが接触orz


すぐにクルマの状況を確認。

事故1

事故2


左側がフロントバンパーからリアバンパーまで全てイッちゃってました…

新しいホイールも左側2本が早速キズモノにorz


一番酷かったのがフロントフェンダー。

事故3

フレームまで捲れてしまった(´;ω;`)

これによりフレーム内にまで防振材がしっかり入ってることが判明(笑)



そして相手のクルマは…

相手


うわぁ…(笑)


バンパーがレインホースごと剥ぎとられ、ボンネットやフェンダー、コアサポートまで歪んでます。


このクルマはその後修理代100万弱で全損→廃車の流れになったそうで(-人-)ナムー


乗ってたのは60~70代と思われる老夫婦。

事故原因は、彼らの話だとやはり左から来るクルマばかり見ていてこっちを見ていなかったとのこと。

二人乗っていてどっちも気付かないとかなんなの?(笑)


しかも一時停止してなかったくせに平気で「一時停止した!」とか言ってるし…┐(´д`)┌ハイハイ


その後、お互い怪我もなかったので、滞りなく事故処理は終わり、
セフィーロはいつもお世話になってるクルマ屋の積車によってドナドナされていきました。


勿論乗り変えるつもりは毛頭ないんで(笑)
クルマ屋にはその場ですぐに修理する旨を伝えました。

事故直前の判断が功を奏し(?)、幸い修理可能なレベルの損傷で済みました。

もし相手のクルマを避けていなければ、恐らく時速60㌔からのオフセット衝突になっており(爆)
そうなってしまったらクルマは勿論、俺自身も無事では済まなかったと思います。



で、クルマ屋とはすぐに修理するという方向で話が固まりましたが、問題は保険…


基本的に車齢10年以上のクルマは、
余程特別なクルマでない限りは新車価格の一割しか保険が降りないそうで。

なので本来ならばセフィーロも全損だったんですが、
今回は相手の保険の対物超過特例が効きまして、運よく全損を免れました。

もしこの対物超過特例がなければ、修理するにしても保険から足が出た分は全て自腹になるとこでした…


車齢10年以上のクルマは新車価格の一割の値段で同程度の同車種が買えるという考えのようですが、
個人的には余りにも極論だと思います。

車齢10年以上でコミコミの価格が新車価格の一割以内に収まるクルマが今時果たしてどれだけあるのか…


とりあえず今回は十分修理可能な金額の保険が降りることになったので助かりました。



過失割合に関しては、「相手9:俺1以外は認めない!」という姿勢をクルマ屋を通して保険屋に伝え、
その後は特に話がこじれることもなく進んでるようです。

保険屋の事故直後の対応は早かったけど、その後が遅い…

9:1なので修理費用の一割はこっちが負担しなければなりませんが、
過失割合が低いので保険を使っても等級は下がらないそうです。

因みに…交差点での事故は過失割合が10:0になることは基本的にないとのこと。


…といった感じで、保険の件は比較的すんなりと事が運び、
修理に関してもクルマ屋の仕事が早く部品もすぐ見つかったりと滞りなく進み、
事故から一ヶ月経たずに修理が完了して路上復帰となりました。

復活!1

修理前後での劇的ビフォーアフターをお楽しみ下さい(笑)

復活!3

復活!2

なんということでs(ry

修理内容としては、捲れたフレームは溶接&防錆処理・前後バンパーは補修&塗装・
フロントフェンダーとドア二枚は中古を塗装して交換・リアフェンダーは板金&塗装といった感じでした。

ホイールも交換しました(*´∀`)

実は事故とカンケーないところも直してもらって、事故前より外装が綺麗になってます(笑)

左Aピラー辺りのフレームに若干歪みが出てたらしく、そこも修正したとのこと。


おかげさまでドアやフェンダーのチリもばっちり!



【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )




…というワケで(笑)


今回の事故の反省点ですが、
やはり自分が優先道路を走ってるからといって過信はしないということでしょうか。


でも、かといって(極論ですが)全ての交差点で徐行して走るかって言われたらそれは無理だし、
追突のように被害者側はどうにも防ぎようがない事故だって当然あると思います。


他人のミスを自分がどうこうすることは不可能ですが、
自分のミスを減らすことに関しては少なからず可能だと思います。


と、なれば…


やはり各々が運転中は常に事故のリスクと隣り合わせだということを念頭に置くことが重要なのかなぁと。


で、それでも事故が遭ってしまった場合は…
今回みたいに物損だけで済んだなら、クルマは直せば(・∀・)イイ!!


今回の事故直後もその後も意外と俺は冷静でしたが、流石に少なからずショックだったみたいで、
「俺もう運転しない方がいいんじゃね?」とすらも考えましたが(笑)

いくら事故のリスクがあるとはいっても、クルマは走ってナンボですよね。
大事なクルマだから乗らないという選択はやはりちょっと違うと思いました。

現実的に、クルマないと普段の生活で不便だし(笑)


…とまあ結局何が言いたいのかよく分からなくなりましたが(爆)

そんなことを事故後に考えてました。

おかげでちょっと運転の仕方が以前とは少し変わったと思います。


皆さんも、クルマを運転するということがどういうことなのか、今一度考えてみて下さい。
エラソーですみません(汗)


事故に気を付けてカーライフを楽しみましょう!


以上です、長々とお付き合い下さりありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト
サンプラ
記事upありがとうございます!
院試お疲れさまです~

「車齢10年以上のクルマは新車価格の一割の値段で同程度の同車種が買える」という考えは、自分もちょっと腑に落ちないところがあります…
現代じゃあ世に出せないようなスペシャルなクルマが少なからずあるってことをもっと気にしてもらいたいですよね!
2012.08.22 Wed 10:42 URL [ Edit ]
こじ
> サンプラ

コメントありがと!
院試受かってるといいんだけど(笑)

車齢10年以上のクルマ乗ってる人で事故でブツけられてそれなりの修理費用がかかっちゃうような場合だと、俺みたいに「一個体」に拘って乗る人は勿論だし、そうじゃない人でもかなりの確率でただのブツけられ損になるよね…。

まあ保険屋も仕事だからなるべく保険金払いたくないと考えるのは当たり前と言えば当たり前だし、悲しいことに俺のセフィーロと他の中古で売ってるセフィーロは保険屋から見れば同じクルマなんだろうからどうしようもないよね。

…と、後ろ向きなことばっか書いちゃったけど(笑)
今回みたいにどうにかなる場合も当然あるワケだし。
どうにかなっちゃった以上は今後も俺は俺のセフィーロに乗るだけかな←恥ずかしいセリフ
2012.08.25 Sat 03:47 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nuac.blog76.fc2.com/tb.php/135-cd2cf585
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。